どうも、ナヴァロンです
主にゲームについて語っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


特攻野郎Aチーム
どもども、私です

タイトルの通りなんですが、この前劇場で観てきましたよ「Aチーム」
実は先行上映を見てきたので14日にひと足早く見てきました
ちなみに字幕、本当は吹き変えで見たかった・・・
まあなので正直今さらな記事でもありますw

公開時間が夜の9時過ぎだったのでそれまで凄く暇でしたね・・・帰ったのはもう夜中・・・
見終わった感想ですが、一言で言うと
面白い、面白いがAチームではない
です

ドラマ版を見まくっていた私としてはそういう感想でした
まあちょっと前の記事でも原作とは違うだろうと書き込んでいたように
別の映画として見ようと決めていたので、そこまで驚きはしませんでしたけどね

まず納得いかないのが、HM・マードック、Aチームのパイロットで私が一番好きなメンバーですが
愛称がクレイジーモンキーじゃない!

バラカスもコングではありませんでした・・・
ちょっと納得いかない
それと現代風なので仕方ないと言ってしまえばどうしようもないですが
Aチーム普通に人殺してんじゃん!

原作では特別な場合以外は人は殺していませんでした・・・

でも所属すら違えど、ベッカーが出てたのは少しうれしいw(ルパンで言う銭形的な人)
あと
まさかのCODネタがwww
どんなシーンでかはご自分の目で・・・
とまあ原作ファンの私にとっては少し納得いかない内容でしたが(ギャグのセンスもちょっと違う)

普通のアクション映画として見れば相当面白いほうです
特にCMにも使われているC130とプレデターとのファイトは迫力満点です
その後の戦車のシーンも笑えて迫力あって面白いw

是非劇場で見ることをお勧めします

余談ですが見終わった数日後に、マードック役の人が主演の
「第九地区」をツタヤで借りて見ました
面白かったです、こちらも是非ご覧ください

それからニコニコ動画のニコ生でAチームのハンニバル以外のメンバーと監督とその息子が
日本の居酒屋
に来るというキャンペーンの映像を公開して、ニコニコの人が直接インタビューしてましたw
バラカスを始めとするメンバー皆が、インタビューそっちのけで視聴者の米を見ていて受けましたw
BA is my Wife 和訳:バラカスは俺の嫁
のコメントを見て終始大爆笑のメンバー一同・・・面白い人達ですw
ちなみにバラカス役のひとは日本語話せます

そんな感じですかね~
今年の夏は映画を10本くらい見ましたね~
アリエッティはまだ見てませんがw

では今日はこの辺で!
スポンサーサイト

THE A-TEAM
デレデンデッデッデン!
「ベトナムでならした俺たち特攻部隊は、濡れ衣を着せられ当局に逮捕されたが」
「刑務所を脱出し、地下に潜った、しかし!地下でくすぶってるような俺達じゃぁない」
「筋さえとおりゃ金次第でなんでもやってのける命知らず、無可能を可能にし、巨大な悪を粉砕する俺達・・・」
特攻野郎Aチーム!
テーテレッテ~、テテテ~
テテテテ~テーッテテレッテ~

どうも前置きが長くなりました、ナヴァロンです
いや~特攻野郎Aチーム劇場版、ようやくですね
噂を聞いてから3年待ちました、長かった・・・
まあ話題になっているので聞いたことくらいはあると思いますが
特攻野郎Aチームとは、80年代に放送されたアメリカのテレビドラマです
無実の罪を着せられ、脱獄犯として追われる身となったAチームが
逃走をはかりながらも、悪党に悩まされている人々を助けるというものです
内容は笑い重視のアクション物、とにかく面白くてDVD全98話を一気に見ました
Aチームは全員で4人います(たまにシーズンによって増えたりもしますが)
リーダーで奇襲戦法と変装の名人であるハンニバル
イケメンで物資調達担当のフェイスマン
普段精神病院にいて実際頭のねじが数本飛んでるが、パイロットとしては達人のクレイジーモンキー
メカニック担当で肉体派だけど根はやさしい、だけど飛行機が超苦手なコング
彼らが様々な手を使って悪党を倒していきます
見どころはなんといってもほぼ毎回ある工作タイム
Aチーム一番得意な工作は自家用車を装甲車に変えること
まさに
「ワクワクさん、今日は何を作るの?」
「今日は自家用車と鉄板で装甲車を作ろう」状態

あと車が吹っ飛びようと、大爆発が起きようと、基本的に人が死なないところも見どころ
あと映画では使われていないみたいですが、銀のM14も特徴的ですね

さて、劇場版ですが、どうやらお笑い要素は少なめで
現代風にシリアスっぽいアクションになっているようです
ちょっと残念ですね・・・
まず舞台が現代だし、ドラマとの関連性は一切なさそうです
とにかく見てみないと何とも言えませんね~
間違いなく劇場で見たいと思います!アリエッティも気になるけどw

久しぶりの更新でしたが今日はこの辺で!
最後にAチームのドラマ版OPと劇場版予告を見てみてください!
ではまた次回!



ドラマ版 特攻野郎AチームOP



第一回ナヴァロンランキング「マンガ編②」
はい、ナヴァロンです
今回は前回に引き続きマンガの五位から一位を紹介します
と、ここで私の漫画評価的な物を付け足しますw

こんな感じ↓最大五つ★です

:絵の上手さ、または漫画の内容にマッチしているかどうか
:グロさ、描写はもちろん表現の残酷さも入れます
:笑える度、ギャグ的要素のセンス良さです
:ストーリー、シリアス・笑い・感動物すべて入ります

こんな感じです、せっかくなので前回紹介したものの評価も書きますね

寄生獣:
絵:★★★☆☆
グ:★★★★☆
笑:★★☆☆☆
ス:★★★☆☆

ビリーバット:
絵:★★★☆☆
グ:★☆☆☆☆
笑:☆☆☆☆☆
ス:★★★☆☆

アイアムアヒーロー:
絵:★★★☆☆
グ:★★★★★
笑:★★☆☆☆
ス:★★★☆☆

パイナップルアーミー:
絵:★★★★☆
グ:★☆☆☆☆
笑:★☆☆☆☆
ス:★★★★☆

フロントミッション:ドッグライフ&ドッグスタイル
絵:★★★★☆
グ:★★★☆☆
笑:★☆☆☆☆
ス:★★★☆☆

こんな感じです、それでは五位~一位行きましょう!

第五位
「砂ぼうず」
sunabouzu.jpg

プレイステーションストアにもアニメがあるので名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?
近未来、関東大砂漠という場所を舞台に便利屋を営む通称「砂漠の妖怪砂ぼうず」が
金とボインのために汚い戦術を使ったりしながら戦うガンアクションです
主人公である砂ぼうずがただのくそったれ野郎というのが好きな理由の一つですw
ただこのマンガ、恐ろしく更新が遅いです、四年半ぶりにこの前14巻が出ましたが、また休載してます
作者がサイダー飲んだら腸が破けちゃったみたいで・・・w
他の漫画読みながらゆっくり待ちましょう・・・

絵:★★★☆☆
グ:★★☆☆☆
笑:★★☆☆☆
ス:★★★☆☆

第四位
「よつばと!」
yotuba.jpg

なぜここでよつば!?って思う人も多いかもしれません
だって好きなんですもん、はい
元気でちょっとおバカな女の子よつばとその周囲のこれまた変人ぞろいの人々の日常を描くギャグマンガです
ちょっとシュールなギャグが笑えます、特にジャンボが最高です
あずまんが大王も読みましたがやっぱりこっちの方が面白いです
ギャグマンガ日和とはまた違った面白さを持っているギャグ漫画ですね

絵:★★★★☆
グ:☆☆☆☆☆
笑:★★★★★
ス:★★★★☆

第三位
「ドロヘドロ」
dorohedoro.jpg

名前からしてグロそうですが当然グロいです
魔法使いと人間、二つの世界に分かれた世界を舞台に、顔がトカゲの人間「カイマン」と
ギョーザ屋で、カイマンの相棒「二階堂」がカイマンの顔をトカゲに変えた犯人を探すというストーリー
当然敵は魔法使いなのですが、彼らも悪役というわけではなく、人間と変わらず基本はいい人たちです
読み終わる前から次の巻が読みたくなってくるほど面白いです、結構笑い要素もあります
何よりも作者が女性というのが驚き!
つい最近知った漫画ですが非常に面白いので是非見てみてください

絵:★★★★☆
グ:★★★☆☆
笑:★★★★☆
ス:★★★★★

第二位
「ヨルムンガンド」
yorumjn.jpg

世界中に兵器を売りさばく若き武器商人「ココ」と両親を戦争で失い、武器を憎む少年兵「ヨナ」
この二人を中心として話が展開するガンアクション漫画です
はっきり言って人の絵は簡単な絵なんですが何故が違和感がなく、兵器の絵は凄まじく上手いです
ストーリーもそれほど複雑ではなくスイスイ読み進めることがとできます
私が唯一月刊誌買ってまで読んでる漫画でもあります

絵:★★★★☆
グ:★☆☆☆☆
笑:★★★☆☆
ス:★★★★☆

第一位

「MASTER KEATON」

ブッチギリで第一位です、本当にこの本は面白い
この前のランキングにもでた浦沢さんの初期の作品です
元イギリス空挺特殊部隊SASのサバイバル教官で、現在雇われ講師&保険会社の派遣調査員の
「太一・平賀・キートン」の周囲で起きる様々な事件を書いています
アクション、シリアス、感動まで様々な話がありますが、どれも文句が無いほど素晴らしい出来です
微妙な話を見つける方が難しいくらいです
アニメにもなっているので見てみてはどうでしょうか
原作に非常に忠実で、もしアニメランキングを作ったとしてもこれが一位になることでしょう
問題は、いろんな事があって現在絶版されているため、書店では手に入らないということ
古本屋には結構置いてあると思うので是非見てみてください
master.jpg


絵:★★★★★
グ:★☆☆☆☆
笑:★★★☆☆
ス:★★★★★

以上です
まあ暇で何か漫画でも読みたいと気に参考にしてくだされば幸いです
またこんど何かのランキングをしようかと思っています
それでは今日はこの辺で!

第一回ナヴァロンランキング「マンガ編①」
え~どうも
学園祭終わってあとは長期休暇を待つだけだけど特に予定はなく
今日皆でカラオケなのにこんな時間(書き込み時4:30)まで起きてる
ナヴァロンです

タイトルの通り今回は私がお勧めするマンガランキングTOP10です!
多分書いてる最中に眠くなると思うので今回はランク6までご紹介します
基本的にマイナーなのが多いのではないでしょうか・・・?
それでは早速行きましょう!

第十位
「寄生獣」
KISEI.jpg

名前から分かると思いますが、グロいです
手を地球外生命体に寄生されてしまった主人公と
うっかり主人公の右手に寄生した「ミギー」が人間を見境なく食い殺す寄生獣と戦うというもの
ちょっと頼りない主人公と、好奇心旺盛で、クールなミギーとのやり取りが面白いです
COD:WAWのゾンビを平然とプレイできる方ならグロさ的には問題ないので見てみてはいかがでしょうか?

第九位
「BILLY BAT」
BAT.jpg

あの20世紀少年の作者で有名な浦沢直樹の新作が九位にランクイン
いつも通りのミステリーで、内容も面白いのですが
流石にこのジャンルは飽きてきた・・・いやいいんですけどね・・・
内容はアメリカで人気の日本人マンガ家を中心に色々起きるというものなのですが
度々時代をさかのぼってキリストやザビエルなどの歴史上の偉人の話になるのが
面白いのですがすこしごちゃごちゃして分かりにくいですね・・・
まだ三巻しか出てないのでこれからもっと面白くなっていくかも

第八位
「アイアムアヒーロー」
IHIRE.jpg

初めて読んだ時の衝撃は、はっきり言ってベスト3に入ります!
内容は突如町がゾンビだらけになって、マンガのアシスタントをしている主人公がそれに巻き込まれ
どうにか生き延びようとする、よくあるゾンビ物です

マンガでありながらその迫力は凄まじいです
舞台が日本なので、ゾンビが町を徘徊してもほとんどの人がそれに気がつかない・・・
第一巻は主人公の身の回りの話だけなので正直面白くないですが
一巻のラスト数ページだけで第二巻を絶対に買いたくなります!
まだ第三巻までしか出てないので今後が楽しみな一冊
※相当グロいので注意

第七位
「PINEAPPLE ARMY」
ARMY.jpg

これまた浦沢さんの作品
ただかなり初期のころの作品なので、絵が若干違います、私は正直このころのほうが好きでした
浦沢さんの数少ないガンアクションものです
元軍人で現在は戦闘インストラクターとして働いているジェド・豪士が活躍する、といった内容ですが
ド派手なガンアクションメインの最近の漫画にくらべて
人のドラマ的な物を重視しています
ちなみに豪士はグレネードランチャー使いという設定(笑)
相当古いマンガなので書店での入手は困難かもしれませんが
古本屋ならいくつかあると思います、是非見てみてください

第六位
「FONT MISSION DOG LIFE & DOG STYLE」
DOG.jpg

スクエニのロボットアクション、フロントミッションの漫画です
・・・とはいっても内容は堅派なミリタリーものです
人の絵は微妙と思う方もいるかもしれませんが、メカのデザインは素晴らしいです
これもまだ連載中です、ちょっとグロいですが寄生獣ほどではありません
とりあえずゲームの雰囲気と一緒にしてもらっては困る、とだけ言っておきます

さて、そんなに眠くなってないですが今日はここまでにして五位~一位はまた次回ご紹介します
それではさようなら!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。